Harui Kikuchi enamel jewelry

七宝について

七宝とは金属の下地にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けたもので、約800℃の電気炉で数回にわたり焼成しています。 釉薬を何層にも重ねることで、美しい焼きツヤ、奥深い色合いが生まれます。

「 金・銀・瑠璃・真珠・シャコ貝・瑪瑙・マイエ(貝殻の一種)」の七つの宝石に匹敵するほどの美しさから「七宝」の語源になったと言われています。
日本の伝統工芸品として指定され、海外からも高く評価されてきた歴史があります。
七宝の素材としての美しさ、表現の多様性を生かして、現代でも七宝をより身近に感じられる、ジュエリー制作を目指しています。 ​

​プロフィール

Mapを非表示
作者:菊地春衣
1991年生まれ。
女子美術大学短期大学部 金属工芸学科 卒業



賞歴
女子美術大学卒業制作賞 受賞
日本クラフト展 ジュエリー部門 入選
日本七宝作家協会国際展 ジュエリー部門 入選



過去出展イベント・展示会
・en marmet ルミネ大船
 2017/10/23 - 11/2

・神楽坂 てまめ
​ 2017/11/22- 11/26

・横浜元町・Ruhm ルーム
『Accessories Exhibition』
 2018/3/13- 3/18